So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

女子フィギュア オリンピック枠2名宮原が一歩抜け2枠目混沌 [スポーツ]

フィギュアスケートの男女の平昌五輪代表の選考が大詰めを迎えている。最終選考会は、21日から東京・調布市で行われる全日本選手権。ソチ五輪の金メダリスト、羽生結弦は怪我の回復が思わしくなく出場は微妙になったが、特例措置で代表選出されることは決定的で、2枠目は先のグランプリ(GP)ファイナルで2位に入った宇野昌磨がほぼ手中に収めている。男子は3枠目をここで争うことになる。

スポンサーリンク




問題は2枠しか出場権のない女子の争いだ。

GPファイナルにはメドベージェワ(ロシア)の欠場で繰り上がった宮原知子、シニア転向2年目の樋口新葉の2人が出場したが、宮原は5位、樋口は6位で共に表彰台に上がれなかった。

この2人は決定的なアピールをすることはできず、GPシリーズのスケート・アメリカで2位に入った坂本花織、中国杯、フランス杯で連続4位だった三原舞依、そして、全日本で一発逆転を狙う本田真凜の3人にも、チャンスが残った。

しかし、元全日本2位で後進の育成と共に評論家活動をしている中庭健介氏は、「GPファイナルの内容を見る限り、宮原さんが頭一歩抜け出しています」という見解を抱く。

宮原さんの滑りに故障の影響はまったく見えませんでした。ショートで宮原さんと樋口さんが共にノーミスで滑りながら、プログラムコンポーネンツで差がつきました。

目についたのは宮原さんが作り出した動きの強弱による深みのある演技です。ものすごいスピードで演技をするタイプではありませんが、腕の動かし方や、振りなどの演技やスピードそのものにも強弱がつけられていて、曲、音の表現が素晴らしかったのです。

フリーでは回転不足を取られましたが、今後修正が可能で大きなミスではありません。3回転フリップの回転不足は踏み切りのわずかなズレから生まれたものでしたが、むしろよく着氷して、まとめたと思いました。

プログラムコンポーネンツで3項目を9点台に乗せたことを評価すべきでしょう。怪我の影響なのか、時折見せるファーストジャンプの低さが気になりますが、セカンドジャンプはしっかりと浮いています。この部分は怪我をする前よりも磨かれた技術だと感じました。

スポンサーリンク




GPファイナルのショートでは宮原、樋口共にノーミスの演技。だが、宮原は、今季のSPで初めて3回転ルッツ―3回転トゥーループのコンビネーションに成功、スピン、ステップのすべてにレベル4がつき、プラグラムコンポーネンツ(演技構成点)は、35.22点で3位だった。

一方の樋口は、3回転フリップにエッジエラーがつき、0.3点のマイナスとなり、スピン、ステップは同じくレベル4だったが、プログラムコンポーネンツは、34.18点で宮原と小差がついた。
中庭氏は、この差が全日本で2連覇している宮原の経験であり強みだという。

フリーで宮原は、3回転ルッツ-3回転トゥーループのコンビネーションで回転不足と両足着氷のミスを犯して、続く3回転フリップも回転不足となった。

だが、演技構成点では、5項目中、スケーティング技術、振り付け・構成、曲の解釈の3つが9点台の高評価を受けた。5位に終わったが、3位のケイトリン・オズモンド(カナダ)にわずか1.67点届かなかっただけで実績も含め代表争いからは抜け出したと考えていいだろう。

では、残り1枠はどうなるのだろうか。

現状ではGPファイナルに出場した樋口さんが先頭に立っていると思います。シーズンベストは樋口さんの217.63です。GPファイナルのフリーでは、やはりプレッシャーと、練習でもうまく調整できていなかったという不安がジャンプの大きなミスにつながってしまいました。

パンクしないようにと考えすぎて本来持つ思い切りが見えませんでした。今季のベストスコアを見ると、樋口さん、宮原さんに続くのが、坂本さんがスケートアメリカで出した210.59です。

GPファイナルの次点でもあった坂本さんに加え、GPシリーズで安定感を見せた三原さん、演技力は抜群の本田さんの4人で2つ目の枠を争うことになるのではないでしょうか」

宮原が一歩リード。残り1枠を樋口、坂本、三原、本田の順で争うというのが中庭氏の展望だ。

ここまでの成績は関係なく、全日本で優勝すれば、代表権を手にすることができます。その意味で本田さんにも、一発逆転の可能性は残ったことになります。どういう心境で全日本に臨み、ここまでどう準備をしてきたかでしょうね。

GPファイナルを見てもらえれば、よくわかりますが、女子の場合、力の差はそれほどなく拮抗しています。それだけに、転倒などひとつのジャンプに大きなミスを犯した場合に、それが命取りになり、順位を下げることになります。

本田さんが、ノビノビと持ち味を発揮して、他の選手の演技次第では順位が入れ替わるかもしれません。 そういう意味では誰もが逆転優勝の可能性を持っています。考えられないほどの緊張、プレッシャーの中で演技することになりますので、メンタルの強さが求められます」

大きな期待を寄せられて、シニアデビューした本田真凜だったが、怪我の影響などから練習不足を露呈して、GPシリーズのスケートカナダで5位、中国杯でも、198.32点と200点に乗せることができず5位に終わり、平昌五輪代表レースから大きく出遅れてしまっていた。

しかし、全日本でパーフェクトな演技を見せ、加えて、ライバル達の演技如何では優勝の可能性はゼロではない。大混戦の2枠目を巡る五輪代表レースに注目が集まる。

スポンサーリンク

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の1件 | -